カテゴリー「Ruppina・舞」の記事

Ruppina+ CD発売!!!

2009年3月16日 / Ruppina・舞

Ruppina+ の再始動となる第一弾CDがリリースされました。


『Return to Tomorrow』



発売日:2009/02/22 単独イベント会場(池袋ROSA)で先行販売
発売日:2009/03/03 通販開始 ※発売は通販のみ
収録曲数:5曲収録の自主企画盤CD
備考:ツインジャケット仕様
価格:1,600円(税込)
品番:RPN-1122/インディーズ


収録曲: ※Mai Blog の「お知らせ」近辺から抜粋
1.ユメノハナ
「旅立ち」がテーマの作品。今作の鍵となる1曲。
2.Clear Sky
親友への応援歌。爽やかなアップテンポの作品。
3.Promised Lips
「輪廻」をテーマにしたストーリー。浮遊感のあるメロディが特徴。
4.tears rain
「涙」がテーマの切ない系ミディアムバラード。
5.komorebi+
「自分探し」がテーマ。主人公を優しく包みこむ木々がイメージ。


————————————————————


もちろん入手しました。曲の感想については、過去のライヴレポートにあるのでここでは割愛・・・


次のステップになることを祈ります。


↓通販届いたよ~


Ruppina+ Live (4)

2009年1月30日 / Ruppina・舞

—————————————————–
◆Ruppina+ 初の単独イベント決定♪
『Return to Tomorrow in ROSA』
2/22(日) 池袋LIVE inn ROSA
当日は再始動後の初音源『Return to Tomorrow』を先行販売☆
—————————————————–
1年以上経過して再始動後の音源初リリース。
それは嬉しいんだが、当日すでに絶対動かせない他の予定が・・・(汗)
ということで行きませんが、またやってくれるよね? たぶん。はぁ。

Ruppina+ Live (3)

2009年1月16日 / Ruppina・舞

11/9(日)、3度目のライヴが池袋 Rosa で行われました。
で、それは行けませんでしたが、とりあえず今更ながら。
<セトリ>
1.Promised Lips
2.Tears Rain
3.Clear Sky
4.ユメノハナ
5.crescent
6.FREE WILL
ぬぉぅ!『crescent」が歌われているではないか。
どうせなら『Free Will』の代わりにそろそろ『violet flow』を歌って欲しいもんだが・・・orz
つか、メジャー時代にファン向けにヴェルファーレで行ったライヴの『violet flow』を見る限りでは
歌わないほうが正解かもしれない・・・ あの歌、音の高低が激しいんだもん。でも今はうまく歌えるか?

続きを読む»

Ruppina+ Live (2)

2008年8月29日 / Ruppina・舞

8/25(月)、再度ライヴが池袋 Rosa で行われました。その模様
本日の出演順は 栗原彩乃→新本幸代(サチ)→森本千鶴→Ruppina+。
前二人はトークも控えめ、ゆったり終わる。この頃の客は40~50人ほど
だったろうか? 会場の半分が埋まっていたかいないか。
森本千鶴は加古川の関西ノリで客席も手拍子を打つなど徐々に大いに盛り上がりつつ、
客も倍くらいに増えて迎えたのが、トリのRuppina+。それまで半分以上が
座っていた客もステージの前に集まる。自分も含め、なんと野郎の多いこと・・・w
Ruppina+ ツアー(?)のファイナル、ということでかなり緊張もほぐれている舞。
歌声も安定している。これなら今後も安心。
1曲目は『Promised Lips』で最初から盛り上がる。
2曲目は『Clear Sky』
3曲目はしっとり系の『Tears Rain』と来てちょっとトークブレイク。
4曲目は『ユメノハナ』
5曲目は『komorebi+』
ラスト6曲目は『Free Will』
素晴らしいライヴでした。
個人的には『Free Will』はもういいから『violet flow』を歌って欲しかったが・・・orz
今回のライブは、髪型は

に近いものだった(気がする・・・)
衣装は、

にハーフパンツ+ひざ下までの緑色のブーツ系だった(気がする・・・)
で、今回も写真等は当然NG。撮れなかった・・・orz

続きを読む»

Ruppina+ Live

2008年7月19日 / Ruppina・舞

西池袋のRosaで行われたLive 『ROSA☆Sound Palette』 に出没してきました。
出演順は fucchiE → → Ruppina+ → i-nos(あいのす)
意外と i-nos も良かったけど、Vocalの顔がなんとなく舞に似てたw
さて、2~3年ぶりのLiveという「舞」、かつ やっさん との Live は初めて。
最初~途中のMCの時はひたすら「緊張」という言葉を発していた舞ですが、
やっさんの弾丸トークで途中緊張が解けた模様。
そんなこんなで新曲披露(5曲前後だったっけ?)+ラストの曲がFree Wil。
久々のライブの割には良く声が出て舞Vocalのらしさが出てた感じです。
ラストの「FreeWill」はちょっと雑な歌い方でしたが・・・
『ROSA☆Sound Palette』 の最後はフリータイム。てっきりステージ上で
フリートークかなんかするのか? と油断してたら握手会。(握手会と言えば
18年位前に当時のアイドル「姫乃樹リカ」(こんな漢字だっけw) で1度だけ
経験したくらいw) 今日の握手会はこっちが緊張して握手した時はよく覚えていない・・・。
やっさんと握手したのは覚えてたりしてw
8月25日(月)にRosaでまたライブやるということで、ついチケットを買っちまいました。
新曲は当面Liveでしか聞けないと言う話ではありましたが、今後の再活動に期待したいです。
なお、写真は終始NGとのことで、アップするものはありません。
次回Liveはチャンスを伺います。

続きを読む»

Ruppina Live!

2008年7月5日 / Ruppina・舞

ちゅーことで(謎)、Ruppina の Live が決定!!(一人拍手)
池袋西口の ROSA です。
7/19(土) ”「ROSA SOUND PALETTE」”
にタイバン形式で(タイバンね・・・)出演です。
☆出演 fucchiE、i-nos、Ruppina (出演順未定)
詳細は 舞ブログ、もしくは Live inn Rosa のサイトへ・・・

★祝!★ Ruppina復活!!!

2007年11月25日 / Ruppina・舞

「今年の楽曲レビュー」でいつも使いまわしている冒頭句
「・・・(略)その頂点は France Gall と Ruppina な訳ですが(自分の中でのみ)。」
の Ruppina が復活することになりました!
個人的にはあまり好きな歌手はいなく あくまでも「曲」重視なのですが、珍しく「歌手」を好きになったうちの一つです。
と言ってもここでRuppinaに触れたことはないので改めてRuppinaについて。
↓これ最新ブログ
http://ruppina.cocolog-nifty.com/blog/
↓これ以前の公式サイト(ソロ活動)
http://www.rhythmzone.net/mai/index.html
※たぶん将来的にもう RhythmZone からは作品を出しませんね・・・
↓これさらに以前の公式サイト(閉鎖)
http://www.ruppina.com/
↓これ舞とは「心友」安田氏のブログ(モバイル版)
http://my.minx.jp/eohmobile/
****************************************************************
<簡単な流れ;おさらい>
Ruppina とは、北海道石狩市出身のヴォーカル・工藤舞を中心としたプロジェクト。
彼女の透明感ある声質が特徴。
高校のあるとき、友人から“ヴォーカルを探している人がいる”と聞き、歌いに行ったところ、気に入られてデモ・テープをつくることになった。(これが安田氏との出会い)
そのデモ・テープは北海道のラジオ局でヒット(violet flow ~季節が君に近づくように~)、札幌のCDショップ「玉光堂」では500枚つくったインディーズ盤が4日で売り切れた(2002年9月4日発売)。
それがRuppinaのスタートだった。ユニット名の由来は星の名前から取った。
そして、高校3年生になり、たまたま東京に来たときに渋谷でスカウトされたのをきっかけに、Ruppinaのデモ・テープをエイベックスに送ってみたところ、その曲を耳にしたエイベックス社長(松浦氏)がその歌声に惚れ込み、Ruppina とともにヴォーカルとして上京。
不思議さや生活感のなさを想像させるビジュアルと彼女の透明感ある声質を持って、2003年1月にミニ・アルバム『Ruppina』で avex 社からデビュー。
(2002年12月26日にはSINGLE『Free Will/violet flow』が発売されているが、 初回生産限定先行シングルとしてあくまでもプレデビュー作としてのリリース扱いであったため、アルバム『Ruppina』がデビュー作とされる場合が多い)
デビュー作や 3rd SINGLE は主にアニメ「ONE PIECE」のEDテーマとして起用され、それなりにヒットする。
2005年11月のベストアルバム「Ruppina BEST」でRuppina卒業、
2005年12月28日に、工藤舞が『舞』としてソロデビュー。
2006年秋のアルバム『maiself』を最後に公式発表はされていないが
活動停止・・・
****************************************************************
とまぁ時代に合わなかったのか何なのか、良い作品&良いボーカル力ではあったのだがあまりメジャーにはならなかったRuppina。
その Ruppina が復活! ということで、今後の活動を期待したいです。
◇全作品データ・歌手データ

Ruppina「Free Will/violet flow」(1st SINGLE)
作詞:Mai Kudo
作曲:Fumio Yasuda
編曲:鈴木直人
発売:2002/12/26
品番:AVCD-30416
オリコン最高位:15位
オリコン登場週数:5週(200位以内)
オリコン売上枚数:21,304枚
タイアップ:フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』エンディングテーマ(Free Will)
タイアップ:日本テレビ系ドラマ『よい子の味方~新米保育士物語~』挿入歌(violet flow)
————————

Ruppina「violet flow」(2nd SINGLE)
作詞:Mai Kudo
作曲:Fumio Yasuda
編曲:H∧L
発売:2003/03/05
品番:AVCD-30450
オリコン最高位:40位
オリコン登場週数:6週(200位以内)
オリコン売上枚数:5,249枚
タイアップ:日本テレビ系ドラマ『よい子の味方~新米保育士物語~』挿入歌
————————

Ruppina「FAITH/Thousand Lights」(3rd SINGLE)
作詞:Mai Kudo
作曲:Fumio Yasuda
編曲:Naoto Suzuki
発売:2003/08/20
品番:AVCD-30471
オリコン最高位:30位
オリコン登場週数:4週(200位以内)
オリコン売上枚数:7,501枚
タイアップ:フジテレビ系アニメ『ONE PIECE』エンディングテーマ(FAITH)
タイアップ:テレビ東京系『プラチナチケット』内コーナー「ラヴ・ダウト」テーマソング(Thousand Lights)
————————

Ruppina「You Are」(4th SINGLE)
作詞:Ruppina
作曲:Yasuo Ohtani
編曲:Naoto Suzuki
発売:2003/09/03
品番:AVCD-30479
オリコン最高位:35位
オリコン登場週数:3週(200位以内)
オリコン売上枚数:4,758枚
タイアップ:テレビ朝日系ドラマ『菊次郎とさき』挿入歌
————————

Ruppina「in the name of love」(5th SINGLE)
作詞:Kenn Kato/Ruppina
作曲:Kazuhito Kikuchi
編曲:ats-
発売:2004/08/11
品番:AVCD-30606
オリコン最高位:75位
オリコン登場週数:2週(200位以内)
オリコン売上枚数:1,993枚
タイアップ:日本テレビ系『@サプリッ!』エンディングテーマ
————————————————

Ruppina「Ruppina」(1st MINI ALBUM)
発売:2003/01/16
品番:AVCD-17213
オリコン最高位:10位
オリコン登場週数:11週(200位以内)
オリコン売上枚数:14,623枚
————————

Ruppina「RuppinaII」(2nd MINI ALBUM)
発売:2003/09/18
品番:AVCD-17327/AVCD-17326/B(DVD付)
オリコン最高位:20位
オリコン登場週数:6週(200位以内)
オリコン売上枚数:13,983枚
————————

Ruppina「in the name of love」(1st FULL ALBUM)
発売:2004/08/25
品番:AVCD-17531/AVCD-17530/B(DVD付)
オリコン最高位:33位
オリコン登場週数:4週(200位以内)
オリコン売上枚数:9,651枚
————————

Ruppina「Ruppina BEST」(BEST ALBUM)
発売:2005/11/16
品番:AVCD-17799/B
オリコン最高位:69位
オリコン登場週数:2週(200位以内)
オリコン売上枚数:2,476枚
****************************************************************

舞「Reborn」(1st SOLO SINGLE)
作詞:舞
作曲:SiZK
編曲:SiZK
発売:2005/12/28
品番:RZCD-45320/RZCD-45319/B(DVD付)
オリコン最高位:28位
オリコン登場週数:6週(200位以内)
オリコン売上枚数:7,756枚
タイアップ:フロム・ソフトウェア Xbox 360用ソフト「【eM】-eNCHANT arM-」テーマソング
タイアップ:フジテレビ系「HEY!HEY!HEY!MUSIC CHAMP」エンディングテーマ)
————————

舞「Eyes」(2nd SOLO SINGLE)
作詞:舞
作曲:RAM RIDER
編曲:Shose/RAM RIDER
発売:2006/04/12
品番:RZCD-45341/RZCD-45340/B(DVD付)
オリコン最高位:41位
オリコン登場週数:4週(200位以内)
オリコン売上枚数:2,267枚
タイアップ:フジテレビ系「奇跡体験!アンビリバボー」エンディングテーマ
————————

舞「Princess ∞ Candy」(3rd SOLO SINGLE)
作詞:舞/Alice Ice
作曲:SiZK
編曲:SiZK
発売:2006/08/16
品番:RZCD-45424/RZCD-45423/B(DVD付)
オリコン最高位:52位
オリコン登場週数:2週(200位以内)
オリコン売上枚数:1,955枚
タイアップ:テレビ朝日系ドラマ「快感職人」テーマソング
————————————————

舞「MAISELF」(1st ALBUM)
発売:2006/09/06
品番:RZCD-45437/RZCD-45436/B(DVD付)
オリコン最高位:42位
オリコン登場週数:3週(200位以内)
オリコン売上枚数:4,114枚
****************************************************************
※工藤 舞(歌手)
本名:工藤 舞
生年月日:1984年7月18日
出身:北海道石狩市
所属:-

アーカイブ

TOPへ戻る

Top